風俗嬢

風俗嬢(デリヘル嬢・ソープ嬢・ヘルス嬢・ピンサロ嬢)でも借りれる収入証明書いらないキャッシング審査!ブラックOKで過去不問の消費者金融とは

ヘルス嬢・ソープ嬢の中には業者からではなく勤務先の風俗店からお金を借りる女性もいます。(バンス)
あなたの勤めているお店が信頼できるのであれば、安易に金融屋で申し込む前にバンスも視野に入れて計画を立てていきましょう。

私の経験から言うと、ブラックの状態で風俗嬢や水商売を勤務先にしても消費者金融の審査にはまず可決しません。
だから皆アリバイ会社を通したり、一時的に派遣会社に登録して勤務先を偽って申告するんです。
でも、派遣社員なんて属性は低いし、アリバイ会社の利用料も結構高い!

ではなぜブラックでもここならキャッシング出来たのか?

理由はここに掲載してます
↓↓↓
ブラックOK金融
キャッシング

風俗店勤務女性のキャッシング口コミ体験談

デリヘル嬢デリヘル嬢I.Kさん
私はデリヘルで勤務している風俗嬢です。
働き始めた当初は、それなりに人気もあって毎日のように指名もあったんですが、若い子が次々と入ってくるようになると私の指名もだんだんと減っていきました。
それが夜の世界というものなのかもしれませんが、当時の私は昼間働こうという気持ちがあんまりなく、生活費やほしいものを買うお金がなくなると持っていたクレカでキャッシングを繰り返していました。
借りては返すの繰り返しが面倒で、あるとき複数の消費者金融から借金をすることにしたんですが、それが原因でブラックになってしまったんです。
そうなると、大手の金融会社では借り入れをすることができなくなりました。
当然、デリヘルで私の指名が増えるわけでもないのでほしいものはおろか生活すらできない状況に…
そこで、CMで流れているような大手ではなく準大手の消費者金融をあたりましたが、そこでも借りることができずどうしようもなくなっていた私が出逢ったのがこのサイトだったんです
風俗店勤務でブラックリストの私でも借りれるということで、一瞬ヤミ金とかを疑いましたが、ちゃんとした正規の会社だったので安心して借りることができました。

ソープ嬢ホスト大好きホスラブさん
高校中退して18歳でキャバクラに勤め始めました。未成年なのに月50万円とかもらえて舞い上がり、ブランドバック買ったり中古のレクサス買ったりと給料はすべて使い果たす日々。
でも一番お金を使ったのがやっぱりホストです。キャバクラの同僚に連れて行ってもらって1回でハマり、キャバクラより稼ぎの多い風俗で働き始めたんです。
もう常連だったのでツケで飲んでいたんですが、ホスト以外でもバンバン浪費していたので、ソープに転職しました。
だけど、勤務先からは繁盛にバンスしたり遅刻とかが多くて、あまりお客もつかずに、ソープと言えど考えていた額のお給料はもらえません。
でも生活レベルを落としたくないから、このころから消費者金融でもキャッシングしだしたんです。(ソープ勤務でも在籍確認取れますし全然借りれます)
ホスト遊びをやめればなんとかなったんですが、借金は鬼のように膨らんでくるし、今は本当に困った感じですね

普通の主婦が、闇金を利用するまでの過程を業者に聞いてみました

20年ぐらい闇金一本で食ってる川崎(仮名)です。

 

金融業者、とりわけ違法な闇金業者がおいしいと感じるのは、平均クラスの容姿がある女。

 

これは鉄板。
俺は20年この業界で食ってるけど、風俗や水商売で稼げる女というのは、頭がいいか容姿。
ブスでも客のあしらいをわかって成績がいい女は=頭がいいんだよ。
闇金ウシジマくんでもいただろ。容姿がパッとしないでデブのヘルス嬢が、接客がウマいからナンバーワンだった話。
でも、風俗や水商売の経験がない主婦なんかは、とにかく容姿がいいかどうかだな。
特に、闇金を利用しようとする主婦なんかは、頭が良いわけないからね。

 

 

2000年ぐらいかな。
多重債務者の男や自営業者を相手にしていた俺たちが、男から女へと、商売相手がだんだんシフトしていったのは。

 

闇金全盛期は、とにかく同業者が日に日に増えていって、客の奪い合いがし烈になってきた。
大手は、数多くの店舗で債務者を回して、システム的に食い潰すんだが、俺たち弱小の業者は、この大手グループのババを引かされることが増えてきたんだよね。
さらに、ライバル店舗が増えていったせいで、おいしい客の奪い合いが激しくなる。

 

世間に「レディースローン」なんて言葉があふれだしたのが、ちょうどその頃だ。

 

世の中の流れや、現状打破のために
新たな客層、女性を意識するのは当然だった。

 

街に貼るビラでに「女性にも即日融資」なんてフレーズを入れたり、男性誌だけじゃなくて女性誌にも広告打ったね。

 

ちょっとかわいいピンク系の色使ったり、ちょっとかわいい雰囲気の広告さ。

 

効果はすぐだった。女性の客がガンガンやってきては、金を借りていったんだよ。

 

それから、2年ぐらいで、ウチじゃあ客の比率が男女同じぐらいになった。
今じゃ、女のほうが多いかもしれないな。

 

客は、風俗嬢や水商売で働いてる女も多かったけど、一番大歓迎だったのは、主婦やOLだよ。

 

主婦やOLだとさ。
借金してることを知られたくない身内がいて、ばれることを無茶苦茶恐れてる女が多いんだよ。
お金にだらしない自分を、身内には絶対に知られたくない。とにかく内緒で借金したいんだよね。
家庭での、パワーバランスが崩れるのを恐れている感じなのかね。

 

主婦だったら旦那、夫の母親だったり。近所づきあいしてるような主婦だと、近所のママ友だったりするわな。
OLだったら、勤務先の会社の同僚や上司、子供がいれば、保育園・幼稚園・小学校・近所の住民、あと身内だわな。

 

借金の理由は以下が多い。

 

1.ギャンブル
まあパチンコだな。昔パチンコで勝った時にでた脳内麻薬の快感が忘れられなくて、理性が崩壊したタイプ。世間では「ギャンブル依存症」という。
「今日は負けたけど、次は勝てるはず」根拠のない思い込みで、トータルの負けが日に日に膨らんでいくのを止めるすべはない。

 

2.見栄っ張りと同調意識
夫の稼ぎが少なくて、実は中流の下なのに、ママ友との付き合いを断れない。ホテルの3000円ランチに付き合う。ママ友がブランド品を持ってるから、自分も同じランクの服で着飾るために、クレジットカードのリボで買いまくる。
そんな背伸びして回りに合わせた生活なのに、住宅ローンは35年、毎月75000円の引き落としがある。クレカの枠がいっぱいになれば、消費者金融でキャッシング。
ここまでいったら、専業主婦からパートで働きだしても、焼け石に水だわな。
銀行への返済、信販会社への返済、消費者金融への返済。
自転車操業するのも、限度があるから無理だし、時給850円のバイトで働いても追いつかないわ。

 

3.予定していたお金が入らない・・・・けど、生活レベルは落とせない
旦那の会社が今年からボーナスカット、給料が減った、退職(首切りや突発的に退職)して無職になっちゃった、転職して手取りが減った、職場の人間関係に疲れてリタイアしてフランチャイズの自営業をして大失敗
予定していたお金(旦那の給料)が減ったりすると、そこから落ちる速度が飛躍的にあがる?
セーフィティーゾーンでぬくぬくしていたと思っていた。自分に限って、不幸ドラマは起こるわけない。
まさかが、なってみて初めて気づかされるわけだ。「自分たちは貧乏人」と受け入れられるやつは少ないから、金を借りる来る。今までのポジションを維持したいわけだ。

 

↓次は、普通の主婦が風俗に落ちるまでを書く。

 

普通の主婦が風俗嬢に堕ちるまで

まとめると

・一回でも風俗勤務を経験した女は、風俗上がるのを自分の意志で決める。カワイイ(男受けする)女性ほどこの傾向がある

 

・借金の返済に行き詰った時、体を売るという最終手段が残されていると思っている。延滞を繰り返すうちに「最悪、風俗で働く」という覚悟がドンドン芽生える

 

・近所や身内に知られるのは鬼のように恐れている反面、キモい中年のをしゃぶるのは1、2回で慣れる傾向にある

 

・自分の価値を客観的に見れる。若くない主婦、子供を産んで体が崩れている、キャバクラやスナックなどの飲み屋では稼げないからと、始めから風俗に飛び込む場合が多い

 

理由あれど、借りたカネの返済に困ったときに、女は必ず体を売って完済までのスピードを上げようとする。
これ、女の武器(ファイナルウェポン)だから。
どっかに、その覚悟がある債務者は多いんだよね。
だから、主婦のほうから、「働き先紹介してくれません」といってくるわけだ。
「風俗や水商売で働いて返済しろ」
なんて一言もいったことないのに、俺らに勤務先の紹介頼んでいる時点で明白なんだよね。
だってそうだろ。
スーパーのパート(時給1000円以下)の仕事を紹介してほしい=普通に求人誌やハローワークで見つかる。
だけど、業者にお願いするっていうことは、風俗店か水商売で働く覚悟ができましたのサインなんだよね。

 

 

旦那の稼ぎが悪くなったけど、自分たち家族の生活レベルは落としたくない、散財して多重債務に陥る。
こうなった時に主婦はどう動くのか。
旦那よりもっと経済力のある男性を見つけて交際する。
夫とは離婚して別の異性に頼るのがベストだし、女性の本能としてインプットされてるわけ。

 

だけど、ある程度年齢がいくと、経済力のある異性との出会いも難しいし、その異性と交際に至って援助される立場に収まれるのも難しい。
だいたい中年で経済力がある男は既婚者なんだから、不倫になる。

 

仮に独身だったとしても、経済力のある中年男性で独身だど、自分の手の打ちで転がるようなタマじゃない。
そして、男は若い女性を求めているから、自分からぐいぐい言っても、女優レベルの容姿がないと見向きもされない。
さらに言っちゃうと、いままで専業主婦でダルダルの女性だったとしたら、出会いの場もなければ、チャンスもものにできないわけ。

 

女性は吹っ切れやすい!
一度決めたら腹が座る。これ女性に多い。
男の場合だと、いくら金のためだからと言って、クサそうなババアと性交渉なんてできない。
だけど、女性は吹っ切れるやつが多い。
これは性別による気持ちの違いだよね。
一度吹っ切ったら計画性を立てて頑張る。
借金は全額返済したけど、次は子供を私立に行かせるために貯金したいから。
そんなこと言って風俗続ける女性も多いんだよね。

 

金融屋がおしえる風俗店勤務のホント

ピンサロ
シャワーの無い店で、客の舐められた乳首をウエットティッシュで拭いて次の客に向かう。
いくらフェラが苦痛じゃなくても、ドンドンあてがわれる客。5人、6人と立て続けに作業してたら、顎(アゴ)は悲鳴を上げる。
口内に発射されるのを吐き出すとはいえ、何人も続けていくうちに、ジワジワ飲んでいく。
「ピンサロタメタメ発射野郎」にも絶対ぶち当たるからね。
学生時代スクールカースト下位だったような気持ち悪い奴がさ。嬢が嫌なのを知ってて、あえてオナニー2週間我慢して来店するわけ。
嫌がるのをあえてしたい、お金払ってるんだから許される範囲で最大限に自分の気持ちを満たしたいわけ。
最大リットルの爆弾、ピンサロで一気に発射するわけだ。ほかの客より明らかに多い精子を受け止め、嫌がってるけどそれを態度に出せない状況に置かれた嬢に興奮するんだろうな。
大衆心理が働くピンサロでは、AVでしかSEXの知識を得られなかったさえない男が多い。
ガシガシ手マンされる苦痛に耐える必要があるわけで、繁盛にあるから修羅だよね、体も心も。
しかも、若い女が多いから、年齢が言った主婦なんかスケールメリットが少ない。中年主婦はやめとけ。

 

箱ヘル・デリヘル
中年女性の場合、通える地域にソープランドがあったら、ヘルスよりソープに勤務ほうがいいかもしれないね。
容姿がさえない中年女性だった場合、客の扱いもぞんざいだし、指名も入りにくい。
本番禁止だけど、本番しないと店にいられない熟女なんていっぱいいるわけさ。
主婦の場合は、身バレに気を使ってるから、自宅から離れた風俗店で働きがち。
同じ交通費を払ってヘルスで本番させるぐらいなら、同じ距離にソープがあるならそっちのほうが実入りがいい。
数をこなせるような店だったら、熟女でも稼げるけど、集客力がない店で働いちゃうと厳しいかもしれない。
最初の店(勤務先)選びは重要。ただ、ピンサロよりはいいとおもう。

 

ソープランド
居住している都道府県にない。そんな時はヘルスで本番交渉だよ。
ソープ゚だと大衆店。
ゴムなしだと、病気をもらいやすい。
旦那に移してしまい、興信所雇われて風俗勤務が発覚。それを理由に慰謝料ゼロで離婚させられた。
この系統の話、結構多いんだわ。
収入多くて稼げるかもだけど、高級店以外の生アリソープはやめとけ。リスク高いから。

 

個人で売春や愛人クラブ
男のあしらいに自信があるなら、愛人紹介業者に登録して活動するのはありだわ。
地域名+愛人
交際クラブ
とかのキーワードで検索すると出てくるからね。
業者とあって、顔写真撮らせて、プロフィール書いてくるだけ。
小金持ちのスケベ親父がアプローチしてきたら、会って探る。あってセックスだけの扱いなのか、定期的な存在になれるのかはあなた次第。
いろんな女性と会って、交通費渡してセックスを繰り返すのが目的の奴もいるからね。最初はトライエラー。経験値貯めていく。
月10万円で週1日会ってデート〜セックス、その時のホテル代や食事代は相手持ち、そんな条件でいけるスケベ親父を2,3人捕まえれば、ピンサロで必死こいてたのがあほらしくなる。スキルあればお勧めです。
交際クラブと聞くと、風俗みたいにスパッとしてない嫌な感じを受けるかもだけど、小金持ってて女に相手にされない既婚者だからリスクは低い。親から地盤受け継いだ無能な中小企業の経営者や、キモい容姿の医者。不動産で安定して家賃収入がある冴えない中年。
だいたいこんな傾向でほぼ間違いないから。
最初のインパクトで、ほかの女より光るものがあれば、その後は定期的に愛人が続けられたりしやすい。
風俗で働くより、こういう男を捕まえて安定さすのが一番いいかもしれない。
社会的な地位があって既婚者だと、ストーカーになったり、むちゃなことする割合も少なくて安心だし、大勢の客相手にする気苦労が少ないのもいい。

勤務先が風俗店なのを申告、勤続年数が短い場合、審査の時に正直に申告するべきか?