何度融資申し込みしても貸金業者に断られる人、自社ブラックかも

特定の消費者金融だけ融資審査が通らないなら自社ブラックの可能性

銀行や貸金業者に以前は借りれたのに2度と借りれるとはならない場合もあるかもしれません。
債務整理で迷惑掛けたとか、過去にトラブルあった場合には貸付禁止で申し込みさえ受け付けないとされる場合もあります。
いわゆる自社ブラックというものです。

 

銀行、それから消費者金融、クレジットカード会社においてでも、どうあっても利用が
認められない場合というのもないわけでもありません。
前にそこでお金借りれたのに、以後何度申し込みしても断られる、といったことに
なるわけです。

 

何度申し込んでも断られる、ということでは、その金貸しから貸付禁止の相手として
認識されてしまっているおかげで、といった場合があります。

 

わかりやすく言えば、その貸金業者などにおいては出入り禁止の客として
リストアップされてしまっているから、といった場合があります。
こういった場合、公務員で収入が安定している、会社経営者で年収も高額、
それこそ安心して融資できるような条件を抱えた人でも、借りれるとは絶対に
ならない、ということになってきます。
コイツには絶対貸さない、ということでその対象にされてしまうと、どうあがいても
その金融業者ではお金を出してくることがない、ということになってくるわけです。

 

借りれなくて落ち込む

 

出入り禁止の客としてリストアップされてしまっている。
自社ブラックリストにあてはまり、なんて言い方もすることでしょう。
これにあてはまる限りは申し込みしようが相手にはされないということになってきます。
なので、以降はその業者を頼りにできない、ということにはなってくるはずです。

 

金貸しの貸付禁止リストに名を刻まれる条件としては、たとえばその金貸しを相手に
債務整理をした、なんて場合はそういったことになる場合があるとは言われます。
お金を貸したほうにしてみれば、きちんと返済してもらえなかったわけですから、
もう相手にはしたくないとなるのも当然とは言えるのかもしれません。

 

また、たとえ完済した場合でも出入り禁止の客として認識される場合があります。
これはどこの業種のどのお店でも変わらないでしょうが、態度があまりに横暴、
なんてのではやはりこの人相手にしたくない、ということになります。
たとえば、パチンコ屋なんかでも台壊しまくってとか小細工して不正な利用をした
なんていった場合には顔覚えられて追い出される、といったことがありますが、
それと似たようなものではあるかもしれません。

 

あと、詐欺まがいのことをすれば、やはり出入り禁止とはなりやすいでしょう。
他人の名義を使って借りることをしたとか、どうも信用できない人はやはり相手に
したくないもんです。
今回はこのくらいの嘘でも借りれたから、今度はもうちょっと嘘を増やしても
大丈夫かも、なんてことを考える者もいるでしょうし。
なので、完済して貸付契約切れるまで通常どおりに相手をして、契約が切れれば
2度と付き合いを持たないとする、なんてこともあったりします。

 

自社ブラックリストにあてはまるというのも、結局はそことの間に過去にトラブルが
あったなど、よっぽどのことではあるとは言えるかもしれませんが。

 

 

激甘この”私”ですら審査が甘いと唸った消費者金融

 

毎日更新
↓ ↓ ↓

ブラックOK金融
キャッシング