主婦向け金融会社。女性専用の消費者金融を利用する前の心構え

主婦をターゲットにする理由

女性専用の消費者金融会社があります。

 

主婦が、自分の旦那に黙って金銭を用立てしてもらう。
後ろめたいものだから、こっそり借りる。

 

そういう女性を顧客にしようともくろんだサラ金です。

 

オフィスコーヒーサービス業者や食材の宅配業者などで、このような金融事業をおこなっているところがあります。

 

女性専門の業者では初めて借りる場合、5万円くらいの少額融資が多いです。

 

主婦からしたら、この程度の金額ならすぐ返せるだろうと、つい気軽に借りてしまうのですが、そのうち限度額が30万円50万円とアップしていきます。
それで、ついつい借りすぎてしまいます。
まあ、業者もそれが狙いなのですね。

女性相手の融資だと回収率が高くなる理由

これは学生ローンにも言えることですが、とにかく身内に内緒で借りているお客はばらされることを恐れていますので、
レディースローン業者

 

返してもらわないと、旦那さんに言いますよ


この一言が強烈な武器になるのです。

 

それだけで、主婦は別の街金から借りてでも返そうと必死になってくれるので、業者にとっては実に楽な相手です。

レディースローンを利用する前に絶対必要な1つのこと

サラ金からの最大の脅し文句に屈しないためには、ご主人に借金を打ち明けておくしか方法はありません。

 

例えば、旦那にばれるのが怖くて他から借りて返済しても、結局は多重債務者になって傷口が大きい状態でばれてしまうでしょうし、弁護士に依頼して利息制限法に基づく金利の引き直しやか債務整理をしてもらうにしても、やはりご主人には知ってもらう必要があります。

 

旦那に借金の事実を伝えることは非常につらいでしょう。
しかし、旦那にばれたくないという心理を利用され、どんどん業者の言いなりになって
借金が膨れ上がった主婦を私は何人も知っています。

 

深みにはまると、普通の主婦が時給900円のパート収入では到底返せない状況に陥ります。
そうすると、水商売・・・いやぶっちゃけると風俗しかありません。

 

キャバクラ嬢

 

水商売は、外見以外にもトークスキルなどが必要ですので、たとえ時給3000円などで募集されていても
お客が獲得できなければ1か月ぐらいで首になる完全実力主義の厳しい世界です。

 

今まで専業主婦で年齢も30歳を超えている場合ですと、よっぽど外見に花があったり、コミュ力が優れていないとつづけさしてもらえることすらできない可能性があります。

 

ですので、風俗になるのですが、風俗でもっそれは同じです。が、ある程度はお客を回してくれるのでそこそこの収入にはなるかもしれません。
しかしやはり若い女性にはかないませんので、風俗だから稼げるとはいかないです。

 

旦那に内緒の借金を返すためにソープランドで働いていたが、お客がつかないのでノースキンでの性行で働いていた主婦が、客から病気を移され、それを旦那に移したことからソープ勤務がばれて離婚。風俗嬢のキャッシング体験談はこちら→風俗嬢のブラックOK金融キャッシング

 

慰謝料もなく残ったのは借金だけ。こんな最悪の結果も実際にありますので、

 

家族に打ち明けてからしか借金するな!

 

と私は声を大にして言っているわけです。