消費者金融への返済交渉術

債務整理なしでサラ金を追い詰める!このノウハウを駆使すれば、借金など怖くない。

もしあなたが

 

・多重債務者で、サラ金の返済を新たな借り入れで回している状況なら

 

・契約に担保や保証人があるせいで、精神的に追い詰められているとしたら

 

・延滞のたびに業者の催促で精神を消耗している状況なら

 

苦しい借金生活を抜け出せるノウハウがあれば状況は一変します。

 

「もう債務整理か自己破産するよ」
そんな声も聞こえてきそうですが、30秒で済むので聞いてください。

 

まず債務整理。今まで30・40%の金利で貸し付けていたのが
法律の改正で20%を超える金利は、過去にさかのぼって、その超過分の金利は返還請求できるようになりました。

 

この法改正により、一番潤ったのは債務者・・・ではなく、実は弁護士や司法書士など、債務整理の手数料で莫大な報酬を得た法曹界です。

 

では、債務者はなぜそれほど潤わなかったか?
債務整理(任意整理・過払い請求・特定調停)すると、信用情報機関にブラック(事故)として、しっかりと記載されたからです。

 

いくら過去の借金の金利超過分が戻ってきても、そこから弁護士などに高額な報酬が渡ることによるバックの減少、尚且つ
今後一定年数、クレジットカードも持てなかったり、場合によっては賃貸審査に通らなかったり、スマホ購入の分割支払(割賦契約)審査に落ちたりと、
間違いなく支障が出たのです。

 

 

そこで

 

桃井が全力で
消費者金融との返済交渉術、担保の外し方、自宅を守り切る方法など、借り入れ後の最善な立ち振る舞いを解説していきます。

 

 

例えば、毎月の返済額がちょっとした交渉で減らせれば、今の困窮した経済状況を立て直すことができるかもしれませんし、新たな借入先を探す必要がなくなるかもしれません。

 

 

通常、このような情報はあまりネット上でも出ていませんので、本当に実践して大丈夫なのかと不安もあるでしょう。
しかし、あくまでも完全合法の方法ですので、安心してください。そして必ず実行してほしい。
それほど債務者にとってメリットしかない情報です。

 

 

桃井は断言します。
ここで書いた方法は、”実はそれほど得ではなかった債務整理”とは一線を駕す
さらに有益になりえる情報です。

 

知らないと知っているのとでは大違い。
やるとやらないのでは、のちの結果が180度かわってきます。

 

債務者の状況が良いほうに行くことはすなわち
債務者(サラ金)にとっては悪いほうに行くということ。

 

そんな相手の嫌がる態度を乗り越えられ、尚且つ自分有利な状況に変えていく
信販会社にとっては鬼のような
ノウハウを駆使すれば未来は必ずやってきます!

 

新たなキャッシングでその場をしのぐ前にできる必勝法則

 

では一緒に頑張っていきましょう。

消費者金融への返済交渉術記事一覧